中国の白酒

中国で商売上の取引先にご飯に誘われてもまず断るのですが、今日は断れ
切れずに食事に行く事に…
ご飯は美味しいのですが、怖いのはお酒を絶対に飲まされる事。


中国ではお酒を一滴も飲まないとコイツは友人関係にもなれない
よそ者だと言う悪いイメージが着くので少なからず必ずお酒は
飲まなければなりません。


仕方ないのでビールで乾杯しましたが…その後やはり…
出ました!!白酒!!
そのにおいだけで酔ってしまいそう…一気に飲まないと喉も
焼けてしまうので一気に飲む…
すると身体が一気に熱くなってキシャポッポのように汗が
ダラダラ出てくる…
頭はクラクラして…
まー結局ビール1瓶半と白酒2杯飲まされノックアウト!!
帰って来てお茶をタップリ飲んで酔いを醒ましました。


今日は大分収穫あり。


また、日記で書ければと思います。

液晶画面の明るさと省電力

ノートパソコンでもデスクトップパソコンでもそうですが、画面である液晶の明るさを調整することで、大分省エネルギーに貢献する事が出来ます。

特にノートパソコンの場合、それをするだけでバッテリーの持ちもよくなる、という恩恵もあるので、是非やってみて欲しい事柄の1つだと思います。


また、液晶の明るさだけでなく、サウンドを鳴らしていればそれをOFFにする、というのも、ささやかながら省エネルギーになります。

勿論通知音だけとかでしたら大した省エネ効果は期待出来ませんが、音楽を掛けていたりする場合、それだけでパワーを喰ってCPUも回りますから、音楽はiPhoneで聴くなど、その機能に特化したデバイスを使ってやることが肝心です。

パソコンの音楽ソフトは省エネルギーを一切考えてないですからね。

うつ病って結構

うつ病って結構誤解されている病気だよね。


心の風邪なんて表現されていることもあるけど、それは誰にでもかかる可能性があるだけで、風邪のようにすぐに治るものでもなければ、簡単な病気じゃない。


自分をどんどん攻めていく。

自分の存在すら否定したくなってしまう。

息を吸うこともつらくなってしまう。


元気な人だって落ち込むこともあるし、自分を責めることだってあるよね。

だけどね、うつ病の人は、その何十倍も自分を責めたりしてしまうんだ。


病気の原因となった事たちが、勝手によみがえってくる。

とてもとても大きくなってね。


「甘えなんじゃないか」なんていう人もいるけれども、考えてみて。


自分のとても苦手なものが、とても大きくなったり、たくさんいたりすることを考えてみて。


どう、少しは伝わるかな。

でもね、元気になりたくて、ちゃんとリハビリしたり勉強したりして、努力している人たくさんいる。


だから甘えだなんて言わないで、もう少しだけ温かい目で見守っていてください。

エキサイト(EXCITE)|CR信長の野望 天下創世~弐ノ陣~(ミドル)

CR信長の野望 天下創世~弐ノ陣~(ミドル)のスペックは、初当たり確率が約1/320のミドルタイプ。


大当たり確率:1/319.7
高確率:1/65.8
賞球数:3&2&7&15
カウント:8カウント・9カウント
ラウンド数:2ラウンドor4ラウンドor5ラウンドor16ラウンド
確率変動率:75%
ST回転数:140回転
時短回転数:0回転or70回転or140回転
出玉性能:約2000個(16ラウンド・9カウント時)
【ヘソ入賞ラウンド振り分け】
潜伏確変(電サポ中のみ電サポ140回転):20%
5ラウンド確変(電サポ中のみ電サポ140回転):5%
5ラウンド確変(通常時:電サポ70回転・電サポ中:電サポ140回転):49%
16ラウンド確変(電サポ140回転):1%
5ラウンド通常(電サポ中のみ電サポ70回転):25%
【電チュー入賞ラウンド振り分け】
4ラウンド確変(通常時:電サポなし・電サポ中:電サポ140回転):5%
5ラウンド確変(電サポ140回転):10%
16ラウンド確変(電サポ140回転):60%
5ラウンド通常(電サポ70回転):10%
16ラウンド通常(電サポ70回転):15%

短期間ダイエットのポイント

もうじき結婚式や同窓会で、それまでに短期間のダイエットをしたいという人は少なくないようです。


ダイエットを短期間で成し遂げるのは、難しいものがあります。


短期間で体重を減らすには、強引な食事制限や、きつい運動でのダイエットをする必要があるでしょう。


いくら短期間でダイエットをしたいといっても、最低1か月の期間は必要です。


短期間のダイエットはリバウンドをしやすいという特徴もあります。


短期間でいきなり食事量を減らすと、体は異常事態が起きたことを察知して代謝を減らすため、リバウンドの可能性が増します。


カロリー摂取量を減らしてダイエット効果を上げつつリバウンドを予防するには、筋トレなどで体内の筋肉量を増やします。


何とか体重を減らせても、直後にリバウンドしては無意味です。


食事の制限である程度は体重が少なくなりますが、脂肪だけでなく、筋肉も減ってしまうので要注意です。


短期間であれ、長期間であれ、ダイエットに取り組む時には、体にいいダイエットとはどういうものかを知った上で行うことが大事です。


短期間で集中的にダイエットをするとしても、ダイエット成功後にその体重をキープすることが必要になってきます。


適切な運動と、健康に配慮した食事制限をすることが、ダイエットを達成する糸口になります。


健康的な問題を発生させないように、無理のないダイエットをすることが短期間のダイエットでも大事です。


最後にお知らせですがダイエットの専門ブログでダイエット専門ブログというのがあります。


色んなダイエット方法をお知らせしているので訪問してみてください。