婚活女子に吉報!医者と付き合う裏ワザ発見!!!

別に婚活してなくてもいいのですが、彼氏のいない女性はいませんか?
今からお教えするのは、まさに裏ワザ、しかもしかも、なんとお医者さんとお付き合いができてしまう方法です。


もしかすると、あなたも玉の輿に乗れるかもしれませんよ!
こんなチャンスは滅多にないと思うので、よく見て判断してくださいね。


それでは、その裏ワザのご案内です。


あっ、私が作ったのではないので、作った方の紹介になります。


ここからは、じっくり読んでね。


えっ!? 通院先(あるいは入院先)の先生でも、交際~結婚できるの?
http://arafogokon.seesaa.net/article/402797027.html
著者の川島義幸さんは、
既に10年間のキャリアの中で、
470人にのぼるお医者さんの奥さんの結婚をサポート!
そのうち30人近くが憧れた担当医や周辺の先生と、
交際し結婚まで至っているそうです。


だから誰よりも患者と担当医の関係を研究でき、
この教材を作った人だと思います。


もちろん、絶対に「通院先(あるいは入院先)の先生との結婚がいい」と
言うつもりはありませんが、
「担当の先生にまともに声をかけられず困っている」
「ナースの目が光っていて告白できない」
「診療時間が短く話しかけられない」
「話しかけて迷惑と思われたらどうしよう」
「無駄になるかもしれない高価なプレゼントを用意するのはイヤ」
「化粧を濃くしたりしたら気付かれそうで怖い」
という方には、おすすめの結婚アプローチ法だと私は思います。


興味のある方はこの機会にぜひこのブログを覗いてみてください。

妊娠しやすい体質になるには

人によって、妊娠しやすい体質かどうかは変わってきます。

妊娠しやすい体質になるには、どうしたら良いでしょうか。


基本的に人は、妊娠しやすい体質になるためには、リラックスが非常に大切です。

リラックス出来ない状況では、人は妊娠出来ません。

もちろん例外はある程度ありますが、妊娠率を上げるためには、まずリラックスが非常に大切になってきます。


もしあなたが、今までリラックスした環境がモテていないのであれば、不妊症になるのも無理はありません。

不妊症というのは、緊張の連続から生まれるものだからです。

しっかりリラックスすることが、あなたの不妊症を改善する助けになるのです。


では、どうしたらリラックスが出来るでしょうか。

1つの方法としてアロマオイル・エッセンシャルオイルを使うという方法があります。

香りというのは、脳に直接作用するものとしてしられています。

ですから、たとえあまり香りが無い、と感じている程度の香りでも、エッセンシャルオイルを使っているだけで、リラックスすることが出来るのです。


例えば、ラベンダーなどが有名ですね。

ラベンダーは、リラックスの香りの王様とも言うべき王道のもので、疲れている時には眠気がでるほどに強いリラックス効果があります。

もしあなたが今までエッセンシャルオイルを試したことが無いのであれば、まずはラベンダーがお勧めです。

妊活にもほどよく作用するタイプです。


妊活に於いては、時に使ってはいけないタイプのエッセンシャルオイルもあります。

ユーカリラディアーターなどがそれに当たります。

子宮を収縮させたり、血管を収縮させる効果があるので、お勧め出来ません。


妊娠しやすい体質になるには

幸せなら手を叩こう

小学生の頃、音楽の時間だったか朝礼の時だったか歌わされた記憶がありますが、ご存じの方も多いでしょうが、原曲はスペイン民謡だそうです。


日本では1960年代に坂本九さんが歌ったほか、その後もいろいろな方が歌われているようです。


日本語の作詞は当初は不明とされていたそうですが、後に早稲田大学の木村利人名誉教授が名乗り出た、とWikipediaに書かれています。


子供の頃は何も疑問も持たずに歌っていた気がしますが、今こうして歌詞を見直すとどうして幸せなら手を叩こうなのだとか考えてしまいますね(笑)
強引にこじつけてしまうならば、幸せなら手を叩こうと歌うことで、今はたとえそうでなかったとしても幸せだということにしてしまおう、ということなんでしょうね。


スピリチュアル系でいうところのアファメーションに近いモノを感じるところがありますね。


【PR】
幸せになる方法

ステレオ誌の付録とスピーカーボックス

ステレオ2014年8月号が発売され、今回は、フォステクスのスピーカーユニットが2ペア。


で、増刊号により、エンクロージャーキットがでている。


書店では、エンクロージャーはあまり見当たらない。


と思っていたら、とんでもない話が舞い込んできた。


フォステクス自らが、スピーカーボックスを発売することになった。


8月後半のようである。


これは、ネジ止めするだけで使えるので、工作が楽であるが、そういうことよりも、音に期待が持てそうなのである。


あと、共立からも出ている。

これも発表されただけで、まだ現物はでないが、ウーファーの箱が大きく、低音が十分でそうである。


どちらにしても楽しみである。

お餅の食べ方は日本人の悩み

お餅の食べ方というのは家庭ごとに色々とありますよね。


ですから好む食べ方なんかも人それぞれ。


まあ、日本人が大好きなコメを使った食べ物なんで食べ方にも個性が出るはず。


ですが重要なのは自分の好みの食べ方を知ることかもしれません。


だって、食べ方が多いのですから何が良いかなんて決められませんよね。


ですから特に美味しいと感じる食べ方なんかを調べると意外な食べ方がネットなんかからも見つかります。


ぜひ頑張ってみてください。


ですが私たちの好きなお餅の食べ方が他の人の好みに合うかもわかりません。


ですから無理強いをしないように注意することも重要ですよね。


そんなわけですからお餅の食べ方は自分好みの物を探しましょう。

三角のユニットバス

学生時代、友人の住んでいた部屋のユニットバスのバスタブは形が三角だと聞いていた。

結局実物は見たことなかったが、自分が会社の寮に入ったときのタスタブの形がまさに三角。


マ三角というより、長方形の片方が狭くなっている状態。

たぶん子供ぐらいじゃないと、その狭い方の壁に背中をぴたっとつけるのはムリがあった。


べつにオシャレでそうなったわけではなく、スペース的にそういう形になってしまったんだと思う。


最初見たとき、「あ~、これがもしや友人がいっていた三角バスタブ」と納得したものだ。

件の友人に確認したらやっぱりそうだった。


しかし狭かった。


三角形の底辺の方でもあんまり広くない。

結構ギリ。

男性社員も同じ寮だったので、体の大きい人はどうしてるかと思ったら、なんと頭を洗うときは体は外に出して、頭だけバスタブの上で洗っていたらしい。

さぞや窮屈だったことだろう。

でも洗ってる姿を想像するとちょっとおかしかった。

早く出来て、人件費がかからなければ、利益がでる

そのかわり、壁を越えて、操縦できるようになると、
そこは、別世界です。


私が、携わった過去の自動組版のうち、逃げていた求人誌、商品カタログ
これが、最も得意とする処理方式になっていました。


どう処理するか、それは超DTP構成ソフトの知識の集大成としての
実践でやってきた運用ができなければ理解できません。


しかし、定型レイアウト型印刷物の稼ぎは、半端ではありません。


年数億にもなる印刷物の製作方法の、革新です。


過去に、経験したこの商品カタログでは、製作だけで、7名がかかりっきり
で、年4回の発行をしています。


これを、今再度構築するには、リブラ利用で、2名でできてしまいます。


つまり、早く出来て、人件費がかからなければ、利益がでるという事です。


■デジタル+印刷+営業の未来を拓く。


デジタル学習の登竜門を御覧ください
エクセルからDTPそしてプログラム・WEBで系と、デジタルの基礎が網羅されています。


印刷+DTP+WEB+プログラム+動画+SEO+バリアブル
これが、デジタル印刷営業のテリトリーです。

グリンデルワルト

古都ルッツェルンから、
アルペン・リゾートのグリンデルワルトへ出発です。


電車で、ルツェルンからブリエンツ経由で、
インターラーケンオストまで行きました。


そこから登山電車に乗り換えて、グリンデルワルトに行きました。


車窓からの景色は、湖が見えたり、緑の牧草地に牛がいたり、ヤギがいたり、
カウベルの音も響いて、牧歌的な、そうアルプスの少女ハイジの世界が、
大きく広がっていました。


約3時間でグリンデルワルト駅に到着!
駅は高台にあったので、村を見下ろすと、
遠くの山小屋が小さく見えて、とっても可愛らしく、
まるで大きなジオラマを見ているようでした。


今夜は、ホテル・アイガーブリックに宿泊です。


チェックインを済ませ、お部屋に入ってみたら、
ベッドルームとリビングルームがあって、
ゆったりとしたスペースに感動しました。

家内工業から、まともな企業へ変身

先のことを考えていません。


おだてれば、ブタも木に登るタイプに見えました。


儲かったから、大阪キタ新地あたりで豪遊しているのが
みえみえです。


事業拡大するのであれば、外部の力を借りて、いくべき
と感じました。

常務の次男を見てですが。


典型的同属企業の「企業でない面=家内工業の延長線」
悪い面が出てくるパターンの匂いがします。


ま、同属企業が、何しようとかまいませんが、
滅びのにおいがぷんぷんするのは、いやなものです。


事業ではありません。


血族の食い物企業です。

能力のない人の下で働くのは、
耐え難いものがあります。


「なぜそうするのか」理由が見えない。


部下に説明がつかない。

そうするだけ。


はっきりわかるのは、「やったことのないことに決断は出来ない」
「わからないからやらない」「責任は取らない」
これでは、ばか息子と陰口たたかれても仕方ないこと。


その程度の会社だということです。

給食の牛乳の必要性

幼稚園から小学校に入学して最初の給食から、ご飯と牛乳はセットが当たり前になっていました。


それが最近、牛乳のあり方について議論がありましたね。


正直なところ、パンの給食の日ならいいですが、ご飯の日に牛乳はかなりしんどかった思い出があります。


そして残したらダメ!!という背景もあり、かなり憂鬱だった記憶があります。


牛乳はカルシウムを摂るために添えられているようですが、本当のところあまり体内に吸収されないようです。


好きな子もいれば嫌いな子もいるかと思いますが、やっぱり昔からありますし、水分補給の観点からあった方がいいという声が多いようです。


もしなくなったら他に補うものが必要となりますので、それを考えるのも大変そうですよね~