早く出来て、人件費がかからなければ、利益がでる

そのかわり、壁を越えて、操縦できるようになると、
そこは、別世界です。


私が、携わった過去の自動組版のうち、逃げていた求人誌、商品カタログ
これが、最も得意とする処理方式になっていました。


どう処理するか、それは超DTP構成ソフトの知識の集大成としての
実践でやってきた運用ができなければ理解できません。


しかし、定型レイアウト型印刷物の稼ぎは、半端ではありません。


年数億にもなる印刷物の製作方法の、革新です。


過去に、経験したこの商品カタログでは、製作だけで、7名がかかりっきり
で、年4回の発行をしています。


これを、今再度構築するには、リブラ利用で、2名でできてしまいます。


つまり、早く出来て、人件費がかからなければ、利益がでるという事です。


■デジタル+印刷+営業の未来を拓く。


デジタル学習の登竜門を御覧ください
エクセルからDTPそしてプログラム・WEBで系と、デジタルの基礎が網羅されています。


印刷+DTP+WEB+プログラム+動画+SEO+バリアブル
これが、デジタル印刷営業のテリトリーです。