大塚家具のお家騒動

大塚家具のお家騒動。

会長の記者会見を見て経営者の人たちは複雑な思いでみているのではないでしょうか?
ましてや、実の娘を追い出す形になるわけですからなんとなくやりきれませんね。


また記者会見に会長の考えに賛同している部長たちが同席するのはあまり見たことがありませんなぁ。

彼らにとっては会長が負ければ会社に入られなくなる可能性があるわけですからギャンブル。


それくらい、娘である社長のやり方にはかなり悶々としていたのでしょう。


ただ、ここは冷静に見れば考えの違いとかではなく、いかに売上が推移したかということ。

どちらが社長であっても、どちらが社員や株主に利益をもたらしたかということを数字で表すのが一番でしょ?
すぐれた学歴をお持ちの人が、なぜそんなことを冷静に見れないのかが不思議でしょうがない。


日産が低迷していた時に、いくら日本人の社長が変わっても、しがらみの切れない人たちは回復させることを出来なかった。

しかしゴーンになってからは御存知のとおり。


結果を出したものが勝ちの時代です。