たいていの場合

「保証金」を考えて、外国為替取引の担保の目的で取引業者に預託する資金のことをいいます。

証拠金ともいいます
レートの傾向を分析するためにトレンドラインを自分でチャート上に引く仕方は、ときたまきつい作業ですが、ぜひやってみてください。

理想としては、売買するカレンシーのクセのようなものもきっちり確認する必要があります。


ちなみに、リスクを分散する創意工夫として、日本円を絡ませない取引にも意味があります。

予想外な秘訣かもしれませんが、場合によっては売買をしない時を作るのも、潜在的なリスクを最低限にするという意味では意味のあることです。


クロス円での方策は、2カ国間の状態だけでなく、ドルの値動きも要素として確認しておくほうがずい分いいはずです。

とはいっても、通貨の流動性が低めだと為替レートがホントに乱高下しやすいものですから、その点は確認しましょう。