ダンプ松本はダメ親父をぶっ殺すためにレスラーになったと言っています

ダンプ松本がレスラーになった理由として、「とにかく酒癖が悪くてね。


5歳のころ、親戚の葬儀に出かけた際のこと。


酔っぱらった父が、バットを持って母を追っかけ回してた。


パチンコも好きでね。


それで見た目も悪くなかった父は、外に女を作って家に寄りつかないこともあった。


」と父親のことを話しています。


ダンプ松本は、1960年11月に埼玉県熊谷市で生まれたプロレスラーです。


ダンプ松本は、1984年にブル中野らと「極悪同盟」を結成し、ヒールとして活躍しました。


プロレスラーも新人の間は、給料も少なく生活が大変です。


給料の少ない新人時代は、カードローンの審査を利用して、収入が増えてからキャッシングの支払いを計画的に行うと、新人のときから無理のない計画的な生活を送ることができます。