紫外線をカットする

紫外線をカットすることが最近は重視されているようですが、どうして紫外線のカットが必要になっているものなのでしょう。

紫外線にはいくつかの種類があります。

紫外線には、昔から地表に来てたものと、以前は届いていなかった種類の紫外線も存在します。

紫外線の他に、有害だとされる紫外線があり紫外線は肌を守るためにカットした方が良いとさかんに言われている紫外線になります。

ずいぶん長い間、体によくない影響がある紫外線はオゾン層でカットされ、地表に届きませんでした。

近年問題になっているのは、オゾン層が破壊され、オゾンホールが増加してきているという事実です。

オゾンホールがてきたことで、地球がどう変わっていくかは真剣に論じられているところです。

オゾン層がカットしてくれていた有害な紫外線が地上にまで届くようになってしまいました。

生物が紫外線の光を長い間浴び続けると、健康を阻害する様々な作用があらわれてきます。

有害な紫外線には生物の遺伝子やDNAを破壊する力があるそうです。

もともと、多少の損傷ならばDNAの自力修復は可能ですが、何回も傷がつくと、突然変異の原因になってしまいます。

白内障、皮膚がん、免疫力の低下などは紫外線が要因の1つに数えられています。

紫外線を浴びないように、できるだけカットした方がいいでしょう。